MainMenu

▼素敵なグッズを今すぐゲット!
Online ミュージアムショップ

電子公告
<< August 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

カテゴリ


北海道立近代美術館 Webサイト

北海道立三岸好太郎美術館 Webサイト
管理者ページ

RSS2.0
広報部
対内外へのPR活動を行なっています。

広報部トップページ


normal | list
部内研修2008ー2014
[平成26年度]

2014年11月27日(木)
 広報誌「アルテピア」の製作でいつもお世話になっている、岩橋印刷(株)を訪れました。
最初に担当者の方から印刷工程の説明をしていただき、そのあと工場に移動。
 ワンフロアーの広い工場内はそれぞれのセクションに仕切られ、温度や湿度、埃までも管理されています。デザイン部門で作成されたデーターは印刷に適したデーターに変換され、アルミの原板に加工(アルミ刷版)フルカラーの場合は4枚の原板が作られ、それぞれ4色(赤、黄、青、黒)のインクを通して印刷物が出来上がってきます。その後、裁断、折加工、検品をへて製品の完成。
 今はもう使われなくなったライトテーブルが工場の隅に置かれ、技術の進歩と会社の歴史を垣間見た気がします。工場の様子を写真に撮ることができず残念ですが、それぞれの専門分野の人たちの手を通して製品が届けられていることを改めて意識した一日でした。
参加者は12名。


岩橋印刷(2).jpg

岩橋印刷.JPG


2014年11月13日(木)
 第?回デジカメ教室を開催!今回は研修生2名と特活部から1名の参加があり、合計16名でおこなわれました。
講師は昨年と同様広報部の(M)さんにお願いし、基本的な操作と撮影のポイントの説明の後実際屋外に出ての撮影となりました。
 今年は”近美を撮ろう”ということで近美の屋内、前庭など各自思うままに激写、撮影後は事務所に戻って撮った写真の講評会をおこないました。
他の人の写真を見るのも勉強のひとつ、年々写真の腕も上がってきていること間違いなし。


デジカメ(1) .JPG


デジカメ(2) .JPG


2014年9月18日(木) 
 札幌芸術の森で開催されている「札幌国際芸術祭2014」を鑑賞してきました。映像や音、霧という現象までも芸術作品として表現されていて、それを体感できたことに新鮮な驚きと現代美術に対する親近感を覚えました。
 参加者は9名、集合後は自由観覧となり、各自のペースにあわせて広いエリアをゆっくりと散策することができました。

DCIM0006(1).JPG
カールステン・ニコライ ”ユニカラー”

DCIM0011(1).JPG
松江泰治 ”JP-01 SPK”


2014年7月1日(火)
 現在市立小樽美術館で階差されている「巨匠たちの絵とパレット」展を鑑賞しました。参加者は10名。
 茨城県笠間日動美術館所蔵、画家の愛用したパレットと絵画を一対に紹介したユニークな展覧会です。3階には版画家で2010年に100歳で亡くなられた一原有徳記念ホールも併設され、同時に見ることができます。
 美術館見学後は、ヴェネツィア美術館と金融資料館の2班に別れての行動となりました。

レイアウト.jpg

[平成25年度]

2014年3月27日
 アルテピア事務所において広報部 濱出さんによる第2弾
文章教室
を開催しました。
 普段無意識で使っている「日本語」の間違いや取り違えやす
いフレーズなど、豊富な資料をもとに再確認。最後に2字熟語
の漢字問題に全員で挑戦しました。参加者は11名。
_1030868(1).JPG

2013年11月28日
 近美映像室にて文章講座を開催しました。
「正確でわかりやすく、品があって生き生きとした文」とは…
講師には以前新聞記者をされ、現在、北海道や東北被災地で
ブックシェアリングの活動をされている荒井宏明氏にお願い
しました。真剣に講義を受ける参加者たち、あっという間の
2時間でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆北海道ブックシェアリング  活動ブログ http://ameblo.jp/booksharing

_1030819.JPG

2013年10月24日
 今回のデジカメ研修は、紅葉に染まった三岸好太郎美術館前庭での
屋外実習となりました。参加者は12名、広報部水本さんの指導のもと
思い思いの撮影に挑んだ一日となりました。
_1030788(1).jpg

2013年8月15日
 リニューアルされた苫小牧市美術博物館で、開館を記念して開催
されている「出光美術館 日本陶磁器名品選」展を鑑賞してきました。
お盆と重なり7名と少ない参加でしたが、江戸時代前期の斬新な
デザインと深い色合いを堪能しました。
2013_8苫小牧美術博物館1.jpg

2013年4月20日
 芸術の森美術館で開催されている 「生誕100年 彫刻家
佐藤忠良展」
を鑑賞しました。参加者は10名。
 当日は、彫刻家 鈴木吾朗氏によるギャラリーツアーが行われ、
佐藤氏とのエピソードなどを交えながらの解説に、あらためて作品
の精神性にふれた一日でした。
P1000897(1).JPG

〔平成24年度〕

2013年3月28日
 アルテピア事務所にて、広報部員の水本さんによるデジカメ教室
開催しました。参加者は他部からの参加も合わせ17名。
 基本的な操作から撮り方のこつまで多くの事例を見ながらの説明に、
みな真剣に聞いていました。

デジカメ教室 02.jpg


2013年1月17日
 アルテピア事務所内で文章教室を開催しました。
 参加者は14名。講師は広報部員の濱出さんによる、紛らわしいことばの
使い方や変わりゆくことばの現状など、実践的でわかりやすい内容でした。

2013.1.文章教室 002.jpg


2012年10月11日
 地下鉄真駒内駅からほど近い、「エドウィン・ダン記念館」を見学しました。
参加者は13名。北海道開拓史に残る歴史的建物として、国の有形文化財
や産業遺産、市の景観資産などに登録されています。
 資料とともに一木万寿三画伯による23点の絵が展示され、当時の開拓
の歴史をしのぶことができます。
 近くに来たおりには、一度は訪れてみるのもいいでしよう。

10.11エドウィン・ダン 011.jpg

10.11エドウィン・ダン 009.jpg


2012年7月5日
 雨で木々の緑がいっそう増した中、11名の参加者で
「札幌芸術の森美術館」で7月8日まで開催されている
「立体力」展を鑑賞してきました。
 仏像彫刻からフィギアまで、幅広いジャンルに及んだ展覧会です。
単体の展覧会なら、決して見に行くことはないであろう作品も
こういう機会に接することができ、良い刺激になりました。

芸森2012.7 011.jpg
〔平成22年度〕
2010年8月26日 
例年にない暑さが残る中ではありましたが、部員9名で元気に
「北海道開拓の村」を見学してきました。
昔の印刷方法を体験したり、開拓の村ボランティアの方から
親しみのある丁寧なガイドを受けることもできて楽しく有意義な
一日となりました。
村.jpg

〔平成21年度〕
2010年2月18日
毎年恒例となりました「文章教室」を他部へも参加を呼びかけて
開催しました。講師はお馴染み札幌グラフコミュニケーションズ
代表取締役・季刊誌「札幌人」編集発行人の荒井宏明氏
です。
昨年までの講義もふまえ、文章や表記についての質問が次々
飛び出すような充実した研修でした。
DSC00007.JPG

2009年11月26日 
札幌市南区小金湯にある「札幌市アイヌ文化交流センター 
サッポロピリカコタン」
を見学してきました。
様々な伝統工芸品を見たり、職員の方から丁寧な説明を受け、
アイヌ民族の生活や歴史を詳しく学ぶことができました。
ピリカ.jpg

2009年7月7日 
今年度初の部内研修は昨年と同様、道立旭川美術館への
訪問から始まりました。山形県山寺にある後藤美術館所蔵
「ヨーロッパ絵画の輝き−ロココの華・バルビゾンの田園」展
を鑑賞。静かな会場の中で優美な宮廷絵画や自然あふれる
バルビゾン村の風景を堪能してきました。
旭川.jpg



〔平成20年度〕
2008年12月4日
第四回部内研修として「布ぞうり作り講習会」を開催。
講師の乙丸美智子さん指導の下、和やかな雰囲気の中で
手作りの楽しさを体験しました。
IMG_5692.jpg

2008年11月20日
第三回部内研修および専門研修として「文章教室」を開催。
講師は昨年に引き続き、札幌グラフコミュニケーションズ代表取締役・
季刊誌「札幌人」編集発行人の荒井宏明氏にお願いし、
魅力的な文章の書き方や表記の基本などについて受講した。
bunsyou.JPG

2008年9月11日
第二回部内研修、念願の「デジカメ講座入門編」
受講、
我が広報部員プロのカメラマンでもある水本絹子さんが講師をして下さり、
デジタルカメラの特徴やプロならではの☆ひと味違う写真の撮影の仕方☆
などを熱心に学びました。
9_11dejikame.jpg

2008年7月31日 
今年度第一回の部内研修として旭川美術館で開催中の
「大三国志展」を鑑賞、併せて同美術館のボランティア活動を見学
daisangokuten7x.jpg
| パーマリンク | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事を編集する |
<<「アルテピア」 53号ー63号 | 学生美術全道展、他 >>