MainMenu

▼素敵なグッズを今すぐゲット!
Online ミュージアムショップ

電子公告
<< January 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

カテゴリ


北海道立近代美術館 Webサイト

北海道立三岸好太郎美術館 Webサイト
管理者ページ

RSS2.0
広報部
対内外へのPR活動を行なっています。

広報部トップページ


normal | list
部内研修2015
[平成27年度]

■「加齢による身体の変化と向き合う」
  2016年2月25日(木)近美映像室

 今年度最後の研修は、これからも元気にボランティア活動を続けていくための知識を身に着けようと、現在「手稲いなずみ病院」の顧問をされている医学博士の松島 喬(まつしま たかし)氏を講師に迎え、お話を聞くことができました。
 老化による臓器の変化や免疫力の低下、認知症の予防等多岐にわたるお話の中、特に印象的だったのは多種の薬の服用にも問題があると言われたことです。複数の病院から出される薬を査定するホームドクターや、かかりつけ薬局をもつことが重要とのことでした。
 他部から6名の参加があり合計18名の出席者には、松島氏より今回の内容をまとめた冊子を頂くことができました。

健康教室.JPG 

■デジカメ教室「知事公館を撮ろう」
2015年11月5日(木)  アルテピア事務所    

 デジカメ教室(専門研修を兼ねる)には研修生1名と解説部から2名を含め合計13名の参加で行われました。
 担当者からいつもとは「発想を変える、見方を変える、距離を変える、角度を変える」というアドバイスを受け、カメラを手に知事公館へ移動して思い思いの場所で撮影、事務所に戻って撮影した作品をパソコンの画面を見ながら合評会を行いました。
 午後の撮影でできた長い影、すりガラス越しの風景、レトロな取っ手など素敵な写真が揃い学びが実を結んだように感じられました。

P1060405.JPG

P1060433.JPG
          事務所での合評会の様子

■「夷酋列像」展鑑賞
2015年10月29日(木) 北海道博物館

 今年、旧北海道開拓記念館が北海道博物館としてリニューアルされ、その記念特別展として開催された「夷酋列像」を鑑賞してきました。参加者は6名とすこし少なめ。
 鑑賞するにあたり、今年からはじまった協力会主催の「美術講座プレミアム」の3回目が、ちょうど同博物館学芸員による「夷酋列像」とあって、この講座を受講してから作品を見るとより理解を深めることができました。
 明るさを抑えた照明に思いのほか小さな作品、細密な表現をまじかで見ることのできないもどかしさに、オペラグラスでも持ってくればよかったと少し残念な思いです。
 小品ながら、その色鮮やかさと迫力ある人物の異様なたたずまいに、当時の大名たちが数多くの模写をしているのもうなずける気がします。

DCIM0049.JPG

■文章教室
2015年10月22日(木)
 北海道新聞NIE(Newspaper in Education「教育に新聞を」)推進センター

 今回の文章教室は、北海道新聞が行っている「道新出前講座」を初めて利用してみました。他部から11名の参加もあり合計23名の出席の中「取材からおこす記事の書き方」というテーマで話を聞くことができました。この「道新出前講座」は北海道新聞社が社会のニーズに応えるため、教育や研修の場に社員を派遣する取り組みで、幅広いジャンルに及んでいます。
 講師をしていただいた上ケ島精一氏は記者歴30年のベテラン、NIE推進委員のメンバーの一人でもあります。

 記事を書く上での基本的なことから、だれに何を伝え、伝えてどうしたいのか、事前の準備が大切であり文章は書き慣れることが重要であるということ。また、予測しない返答をされたときに取材の醍醐味を感じるということです。 
 協力会の発行している二つの広報誌についても、見出しの重要性、メリハリのついた紙面づくりなど、いくつか指摘をいただき今後の紙面に生かしていきたいと思います。

道新出前講座.JPG

■「古代エジプト美術の世界展」鑑賞
2015年6月4日(木)    旭川美術館

 今回の研修はちょっとした小旅行気分。2012年に高架になった旭川駅舎は木をふんだんに使いオシャレな感じでした。私たちは買物公園にある彫刻などを見学しながら30分ほど歩いて美術館に到着、いよいよ「古代エジプト美術の世展」―魔術と神秘―の鑑賞です。
 展示品は全てスイスのガンドゥル美術財団所蔵のもので日本初公開ということです。古代エジプト人の生活や世界観が感じられるもので、特に動物をモチーフにしたアミュレット(お守り)の細かい造形やミイラの棺の絵模様は圧巻でした。また、パピルスにしるされた呪文の絵をみると不思議な世界に引き込まれるようです。満足感に浸り出口ではついファラオの縦縞模様の頭巾を手に、今回の参加者5名と記念撮影、旭川を満喫してきました。

エジプト展01.jpg
                          
■「浮世絵師 歌川国芳展」鑑賞
2015年4月30日(木)     芸術の森美術館 

 ゴールデンウイーク初め札幌では桜が満開となり、芸術の森も新緑とともに例年より早い桜の開花を迎えました。そんな中「浮世絵師 歌川国芳展」前編(4月25日~5月26日)を鑑賞。
 今回は、芸術の森に併設するレストランで昼食をとってから自由鑑賞となり、参加者は11名。
 躍動感のある武者絵や鳥獣、戯画、そしてジブリ映画「平成狸合戦ぽんぽこ」に登場する妖怪の原画を見ることができたことに感動し、後編(5月30日~6月28日)も足を運びたくなります。


DCIM0046 (3).JPG


DCIM0036.JPG



■文章教室
 2015年4月16日(木) 近美映像室

 新しいボランティアの仲間も加わり、27年度最初の部内研修が文章教室という、広報部らしいスタートを切ることになりました。
 講師には、前回平成25年にも講義をしていただいた“北海道ブックシェアリング”代表の荒井宏明氏に依頼。
 「日本語の特徴」や「正確でわかりやすく、品があって生き生きとした文章を書くには」と盛りだくさんな内容を、90分余りに凝縮し中身の濃い講義となりました。
 ついつい使ってしまいがちな願望表現や、必要以上にへりくだった文章は品のよい文章とはいえないなど、簡潔で歯切れの良い話しぶりに時おり会場から笑いももれ、楽しくためになる講義でした。
 受講者は、他部から3人の参加も含めて13名。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(リンク) 北海道ブックシェアリング  

文章講座.jpg



| パーマリンク | コメント(0) | トラックバック(0) | この記事を編集する |
<<部内研修2016 | 「アルテピア」 53号ー63号 >>